読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

テーブルをパーティショニングした場合は統計情報の作成のされた方が違うのでメモ代わりに記事に残してみる

そうなんですね。しらなかった。
パーティション テーブルとパーティション インデックス

SQL Server 2012 以降では、パーティション インデックスが作成または再構築された場合、テーブル内のすべての行をスキャンして統計を作成することはできません。 代わりに、クエリ オプティマイザーが既定のサンプリング アルゴリズムを使用して統計を生成します。 パーティション インデックスでデータベースをアップグレードした後で、これらのインデックスのヒストグラム データに違いが見つかる場合があります。 この動作の変更はクエリ パフォーマンスに影響しない可能性があります。 テーブル内のすべての行をスキャンしてパーティション インデックスの統計を作成するには、FULLSCAN 句で CREATE STATISTICS または UPDATE STATISTICS を使用します。

 インデックスを作成したら、サンプリング 100% で統計情報が作成されるかと思ってました。

Expert T-SQL Window Functions in SQL Server

Expert T-SQL Window Functions in SQL Server