都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

G-Series VM Sizes とかあったんだなぁと思って記事にしてみた

 去年リリースされたようですが、知りませんでした。( ここ数か月、色々な情報をキャッチできてないなぁ。 )
Azure’s getting bigger, faster and more open | Microsoft Azure Blog
 VM のサイズに G というカテゴリが追加されたんですね。
f:id:koogucc11:20150114074457p:plain

The largest G-series will offer 448 GB RAM and 6.5 TB of local SSD storage.

 かなりのサイズですね。あと、プレミアムストレージというものも追加されてますね。

You can then attach several persistent disks to a VM, stripe across them and deliver to your applications up to 32 TB of storage per VM with more than 50,000 IOPS per VM at less than one millisecond latency for read operations.

 50,000IOPS、32TB。これに、G シリーズの VM を使用したら、エンタープライズなシステムにも適用できちゃいますね。早速、G5 を試してみます。おお、32 コア、448 Gのマシンがありますね。
f:id:koogucc11:20150114075221p:plain
 あれ?作成できないですね。20コアに制限されてます。
f:id:koogucc11:20150114075621p:plain
 下記のサイトに記載がありますね。
http://azure.microsoft.com/blog/2014/06/04/azure-limits-quotas-increase-requests/

If you’ve worked with Azure, there are certain default limits that you might have encountered. For example, each subscription has a default of 20 cores.

 デフォルトでは、『20コア』が上限ですね。

However, it is possible to contact customer support to get the maximum number of cores increased (you can see a walkthrough of making this request through the portal in the next section of this post). If you were designing an application that required 75 cores, you would want to know that Azure could support that increase. If you look at the limits page, you’ll find that Azure supports an increase up to 10,000 cores (subject to availability in your region).

 20 コアを超える仮想サーバを構築する場合は、カスタマーサポートに問い合わせする必要があります。G5 試すのは、また今度にしよう。