都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

Windows 8.1 のマシンで DPC_WATCHDOG_VIOLATION が頻発するので、調査してみた

 最近、これ一週間に2回くらい発生するんです。
f:id:koogucc11:20141022173735j:plain
 ちょっと調べてみたら、下図のツールがヒットしました。早速、ダウンロードしてみましょう。

dnki.co.jp
 発生原因は下記の通りです。

Windows8はウォッチドッグタイマーという監視機能を実装し、プログラムの実行時間を監視するよう仕様変更しています。
ウォッ チドッグタイマーはタイムアウト時間は約4.5秒と少し短めです。従来このような時間制限はありませんでした。このためVISTA/Windows7用に 作られたBIOSチップセットドライバー、グラフィクスドライバーは約4.5秒以内に処理を完了しない場合があります。
 Windows8から処理が4.5秒以内に完了しないとDPC_WATCHDOG_VIOLATION(Bug Check 0x133)エラーを出しブルースクリーンエラーを出しPCが終了するようになりました。
 DPC_WATCHDOG_VIOLATION(Bug Check 0x133)エラーは、Windows8に完全対応したBIOSチップセットドライバー、グラフィクスドライバーの普及によりいづれ出なくなる性質の問 題です。「Windows7互換タイマー監視機能」はメンテナンスの終わった古いマザーボードWindows8に対応したドライバーの開発が遅れている マザーボードに対してWindows7互換の環境を与えるものです。VISTA, Windows7用のドライバに対して互換環境を提供して安定したWindows8環境を提供します。

※早く対応したドライバーをリリースしてくれないかなぁ。
 ツールを起動すると、下図のような画面が起動されるので、赤枠部分をクリックします。
f:id:koogucc11:20141022174159p:plain
 赤枠部分のように設定を行い、適用をクリックします。
f:id:koogucc11:20141022174314p:plain
 PC を再起動します。これで終了です。しばらく様子をみてみます。