都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

SQL Server Management Studio の March 2016 Refresh と Visual Studio 2015 の Update2 のマップモードを比較してみる

 以前、SQL Server Management Studio の March 2016 Refresh と Visual Studio 2015 の Update2 を比較しました。
ryuchan.hatenablog.com
 
 Visual Studio には以前からソースコードエディタにソースの全体を見ることができるマップモードというものがありました。(下図の青枠部分です。)
f:id:koogucc11:20160504111600p:plain

 下記のメニューより設定できます。
 ツール
  →オプション
   →テキストエディタ
    →C#(他の言語もすべて同じ設定にしたい場合は、【すべての言語】より設定します。)
     →スクロールバー
f:id:koogucc11:20160504111245p:plain

 Visual Studio の Shell に統合したことにより、SQL Server Management Studio も同様の設定が可能になっています。
f:id:koogucc11:20160504111255p:plain

 下記のメニューより設定できます。
 ツール
  →オプション
   →Transact-SQL
    →スクロールバー
f:id:koogucc11:20160504111305p:plain

 ワイドに設定します。
f:id:koogucc11:20160504111329p:plain

 これで Visual Studio と同様の機能が実現できます。
f:id:koogucc11:20160504171607p:plain

 上図の右側青枠部分にマウスを持っていくと、縮小表示されているコードが拡大表示されます。
f:id:koogucc11:20160504171617p:plain

 ゴールデンウィーク休めなかったので、どこかで休暇とるかな。キャンプの準備も着々と進めてみる。

 こんな感じのチェアほしい。
キャンパーズコレクション キャンピングベッド C272-4(GY)

キャンパーズコレクション キャンピングベッド C272-4(GY)

 見た目いいな。