都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

In-Memory OLTP Performance Demo Available for Download なので、In-Memory OLTP Performance Demo を試してみる

 In-Memory っておもしろそうだし、お仕事でも使ったことないのでお試ししてみます。
In-Memory OLTP Performance Demo Available for Download | SQL Server Database Engine Blog

 デモのサンプルは下記の場所からダウンロードできます。 
github.com

 サンプルの構成は下図の通り。
f:id:koogucc11:20160609004700p:plain

 手順は下記の通り。

To run the performance demo, follow these steps:
1. Create a database with the name TicketReservations
2. Run the script setup-or-reset-demo.sql to create the traditional disk-based table and interpreted T-SQL stored procedures
3. Start the application DemoWorkload.exe
4. Change the connection string in the configuration settings, if needed. By default, it points to the local default SQL Server instance with integrated authentication.
5. Start the workload by clicking the "start" button, let it run for a while using the "stop" button
- If nothing seems to happen, maximize the window. There is a box with error messages to the right.
6. Migrate the table to memory-optimized and key stored procedure to natively compiled in one of two ways:
I. Executing the script apply-in-memory-oltp.sql, or
II. Using the Transaction Performance Analysis Report and memory-optimization advisor in SQL Server Management Studio to migrate the table
7. Start the workload again, and observe the performance gain. Stop the workload to conclude the demo.
8. To reset the demo, run the script setup-or-reset-demo.sql

 6/1 にリリースされた SQL Server 2016 を使用します。

  1. TicketReservations というデータベースを作成します。
    f:id:koogucc11:20160609013644p:plain
  2. setup-or-reset-demo.sql を実行します。実行ボタンをクリックしましょう。
    f:id:koogucc11:20160609005242p:plain
  3. DemoWorkload.exe を起動します。
    f:id:koogucc11:20160609005339p:plain
    下図のようなツールが起動します。
    f:id:koogucc11:20160609005430p:plain
  4. 接続文字列を変える必要があったら、変えて下さい。
  5. Start ボタンを押して、しばらくしたら Stop を押してください。
    f:id:koogucc11:20160609005741p:plain
  6. モリー最適化テーブルに変更します。apply-in-memory-oltp.sql を実行します。
    f:id:koogucc11:20160609005947p:plain
  7. ツールの Start ボタンをクリックします。高速化されてますね。
    f:id:koogucc11:20160609010133p:plain
  8. もう一度繰り返すには、setup-or-reset-demo.sql を実行します。

 SQL Server 2016 対応時には In-Memory を採用しようかな。誰か詳しく教えてください!!

SharePoint 詳しくなりたい!!

ひと目でわかる SharePointServer2013 (TechNet ITプロシリーズ)

ひと目でわかる SharePointServer2013 (TechNet ITプロシリーズ)

ひと目でわかる SharePoint2013 サイトカスタマイズ&開発編 (TechNet ITプロシリーズ)

ひと目でわかる SharePoint2013 サイトカスタマイズ&開発編 (TechNet ITプロシリーズ)