読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

実行プランの読み方をまとめてみる - その2 ( 指定されたパラメータの見方について ) -

 今日は本格的に寒くなりましたね。最高気温 8℃ で体感温度は 5℃!しかし、週末には暖かくなりそうです。冬は本当に到来するんでしょうか?
f:id:koogucc11:20151223160335p:plain

 さて、今回は SQL に指定されたパラメータの参照方法です。下記のようなクエリを SQL Server Management Studio で実行してみましょう。

SELECT
    AddressID,
    AddressLine1,
    AddressLine2,
    City,
    StateProvinceID,
    PostalCode,
    SpatialLocation,
    rowguid,
    ModifiedDate
FROM
    Person.Address
WHERE
    AddressLine1 = N'Attaché de Presse' AND 
    PostalCode = N'75007'

f:id:koogucc11:20151223161318p:plain

 実行プラン上で右クリックし、実行プランの XML 表示をクリックします。
f:id:koogucc11:20151223161645p:plain

 下のほうにスクロールすると、下記のような XML が存在します。指定されたパラメータを確認することができます。

<ParameterList>
    <ColumnReference Column="@2" ParameterCompiledValue="N'75007'" ParameterRuntimeValue="N'75007'" />
    <ColumnReference Column="@1" ParameterCompiledValue="N'Attaché de Presse'" ParameterRuntimeValue="N'Attaché de Presse'" />
</ParameterList>

f:id:koogucc11:20151223161800p:plain
 
 また、実行プランの SELECT のオペレータを右クリックし、プロパティを選択します。
f:id:koogucc11:20151223162218p:plain

 青枠部分に指定されたパラメータを確認することができます。
f:id:koogucc11:20151223162408p:plain

※もつ鍋食べたい。