読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

そうなんだぁと思ったことを記事にしてみた

 大晦日からずっと仕事なんですが、結構暇です。時間があったので、色々と調べていたら下記の記事がひっかかりました。担当しているシステムで試したくなったのでやってみましたwww
SQL Server: パフォーマンスの問題を掘り下げる

OS のパフォーマンス チューニングの 1 つ目のスクリプト例では、実行済みスレッドで発生したすべての待機に関する情報を返す sys.dm_os_wait_stats DMV を使用します。このさまざまな情報が集約されたビューを使用して、SQL Server 全体および特定のクエリやバッチに関するパフォーマンスの問題を診断できます。
次のシンプルなクエリを使用すると、全体の待機時間に対するシグナルの待機とリソースの待機の割合を算出して、潜在的な CPU の負荷を診断できます。

 ということで、下記のクエリを担当しているシステムで実行してみました。

SELECT
    CAST(100.0 * SUM(signal_wait_time_ms) / SUM(wait_time_ms) AS NUMERIC(20, 2)) AS [%signal(cpu) waits],
    CAST(100.0 * SUM(wait_time_ms - signal_wait_time_ms) / SUM(wait_time_ms) AS NUMERIC(20, 2)) AS [%resource waits] 
FROM
    sys.dm_os_wait_stats

f:id:koogucc11:20170103235321p:plain

このクエリは、CPU に負荷がかかっていることを確認するのに有効です。シグナルの待機は、CPU がスレッドにサービスを提供するまでの待機時間なので、シグナルの待機の合計が 10 ~ 15% 以上になると、CPU に負荷がかかっている目安となります。この待機の統計データは、SQL Server が最後に再起動されたときから蓄積されているので、シグナルの待機の基準値を把握し、長い時間をかけて、その動向を観察する必要があります。

 ちょっと面白そうなので、しばらく観察してみよう。上記のクエリ以外にも面白そうなのがおおいなぁ。試してみよう!この手のやつは実環境と照らし合わせながらじゃないとわかんないですよね。

風邪を引いたとき、寝るときには必須です。これが一番合うかなー。