都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

シアトルでの思ったことを書いてみた

 先ほど帰国し、成田エクスプレスで自宅へ向かっています。シアトル滞在で思ったことを綴ります。移動を合わせて計8日間の旅(夏休みより長いww)でした。初のサミット参加は非常に刺激的で色々考えさせられるいい機会になりました。
ryuchan.hatenablog.com
ryuchan.hatenablog.com
ryuchan.hatenablog.com

 まず、行く前から分かっていたことですが、『英語力のなさ』。サミットに参加する上での致命傷でした。セッションのすべてを理解できないのはもちろんのこと、最高の技術者を目の前にして、質問の一つもできない、ましてや意見・フィードバックするのは夢のまた夢、といった状況でした。対照的に諸外国の参加者は非常に積極的に質問・意見・フィードバックを矢継ぎ早に行っていました。英語力は必須ですね。付け加えて、自分の意見を積極的に発信する力も同様です。

 あともう一つ。相手を賞賛すること。マイクロソフトのレドモンドキャンパスまでのシャトルバスの中での出来事です。おそらく会社の上司・部下の関係であろう男女が会話(とは言っても、すべては聞き取れていませんよww)をしていました。部下の方はサミット参加は初めてのようで、すこし緊張した感じ。それを気遣ってか上司は色々丹念にお話を聴いて、アドバイスを与えていました。そして、とにかくいいとこと褒める。これらのことを繰り返ことで部下の方も気分がほぐれていたように見えました。その方とはちょうど同じセッションで緊張した面持ちで質問されていました。上司の方が若干のフォローを入れていましたが見事に質問しきった様子でした。その後も上司の方は絶えずほめて(ように見えただけ、聞きとれないww)いました。( 部下の方、非常にいい経験だっただろうなぁ。 )
 
 山本五十六曰く「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」ですが、やっぱり大事なことですね。ちょっとまじめに語ってしまいましたが、今回は非常にいい経験をさせてもらいました。お世話になった方々にはブログ上でも再度御礼申し上げます。

追伸
 今回のシアトル滞在で書き忘れていたことがありました。それは、Mt.Rainier に行ったこと。
f:id:koogucc11:20161112173027p:plain

 レーニア国立公園に聳え立つ雄大な山です。
f:id:koogucc11:20161112165725j:plain

 山の麓から少し歩くと...
f:id:koogucc11:20161112165734j:plain

 しかも、革靴でww 滑りながらww
f:id:koogucc11:20161112165743j:plain
 
 そして、キレイな滝がありました。帰り道はさらに大変だったことは言うまでもありませんww 
f:id:koogucc11:20161112165754j:plain

 Mt.Rainier への道を少し脇に入ると、そこはもののけ姫の世界。非常に見ごたえがありました。
f:id:koogucc11:20161112165804j:plain

f:id:koogucc11:20161112165814j:plain

 Mt.Rainier は遠くから見てもキレイな山です。
f:id:koogucc11:20161112165822j:plain

スタバ関連買いすぎた気がする....