都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

最近、人工知能がアツいと思ったので、情報収集がてら記事にまとめてみる

 最近人工知能に興味が湧いてきました。ということで、いつもと毛色の違う記事を書いてみます。まず人工知能とは、

人工知能」という名前は1956年にダートマス会議ジョン・マッカーシーにより命名された。現在では、記号処理を用いた知能の記述を主体とする情報処理や研究でのアプローチという意味あいでも使われている。日常語としての「人工知能」という呼び名は非常に曖昧なものになっており、多少気の利いた家庭用電気機械器具の制御システムやゲームソフトの思考ルーチンなどがこう呼ばれることもある。
プログラミング言語 LISP による「ELIZA」というカウンセラーを模倣したプログラムがしばしば引き合いに出されるが、計算機に人間の専門家の役割をさせようという「エキスパートシステム」と呼ばれる研究・情報処理システムの実現は、人間が暗黙に持つ常識の記述が問題となり、実用への利用が困難視されている現状がある。
人工的な知能の実現へのアプローチとしては、「ファジィ理論」や「ニューラルネットワーク」などのようなアプローチも知られているが、従来の人工知能[1]との差は記述の記号的明示性にあると言えよう。近年では「サポートベクターマシン」が注目を集めた。また、自らの経験を元に学習を行う強化学習という手法もある。日本には人工知能学会があり、オンラインで機関誌も読める。

 近年、人工知能の研究は飛躍的に進んでいます。まずみなさんご存じのワトソン君。三井住友銀行に内定もらったり、新しい料理を考案したり、ワトソンヘルスができたりと話題が絶えません。www.nikkei.com
japan.cnet.com
www.itmedia.co.jp

 ワトソン以外では、Googlefacebookグラフィックカードで有名な NVIDIA人工知能へ進出しています。www.nikkeibp.co.jp
jp.techcrunch.com
news.nicovideo.jp

 今後、機械学習などの記事も取り上げていかないとなぁと思いつつ....過去にもほんのちょっと取り上げてますが、実際に試すところまでいってません。ryuchan.hatenablog.com
ryuchan.hatenablog.com
ryuchan.hatenablog.com


※まずは、基本から。

入門 機械学習

入門 機械学習