読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

PASS Summit で SQL Server の将来機能追加される機能でいけてるものがあったので少しみてみた

 今さらですが、PASS Summit で発表されていた SQL Server の機能で下記のブログに気になる機能が紹介されていたので少し見てみました。

SQL Server Query Store - Brent Ozar Unlimited® by Brent Ozar Unlimited®
 この記事は、下記のような文章で始まります。

I spend most of my day tuning SQL Server to make it go faster. I’m usually called in after the fact, when the app has become intolerably slow.

One of the first things I ask is, “What’s changed?”

Nobody ever knows with any sense of accuracy.

 そう、遅くなったときに呼ばれても困るんですよね。原因もはっきりとわからないですし。初めからちゃんと設計して!とか思います。上記の文章の後も、苦労が語られています。確かに、確かに、大変なんですよね。本題は下記の部分からです。

HOW WE MANAGE QUERIES AND PLANS IN SQL SERVER 2014

その名は、Query Store。

Enter a recently declassified session at the PASS Summit.
On Wednesday, November 5, Conor Cunningham will unveil the Query Store:

 おお、再起動などしても DMV を介してプランなどにアクセスできるんですね。確かに、開発系などで再起動されて解析できないとか普通にありますもんね。

  • SQL Server’s new Query Store will cache queries and execution plans even after they’ve changed (like due to a statistics change on a table)
  • These changes may even persist beyond a SQL Server restart (meaning they’ll have to be written to disk somewhere)
  • The current and prior plans will be exposed in a DMV for you to query (meaning you might be able to roll your own alerts when a plan changes so you can check out whether it’s better or worse)

 しかし、色々疑問は湧きますね。どのような感じで、変更前と変更後がどのように参照できるのか?とか。疑問はさておき、やはりこの機能は大注目です。


※今回紹介した下記のブログ筆者は、

下記の本執筆した方なんですね。

Professional SQL Server 2008 Internals and Troubleshooting

Professional SQL Server 2008 Internals and Troubleshooting