都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

ASP.NET Session State Provider for SQL Server In-Memory OLTP もリリースされてた

 ふぅ。このパターンが一番採用したかったんですよね、実は。

Working with SQL Server customers on In-Memory OLTP engagements, a common pattern emerged around the desire for increased performance and scalability when using ASP.NET session state. Some early adopters modified their SQL Server objects to take advantage of In-Memory OLTP for ASP.NET session state, with great success. To learn more, read the bwin.party case study “Gaming site can scale to 250,000 requests per second and improve player experience”.

 SQL Server の In Memory を使った ASP.NET session state のプロバイダー作ってしまいましたか....今すぐ適用できるものなら、適用したいです。

To further enhance this scenario, we have created a new provider to make it easier for customers to take advantage of SQL Server In-Memory OLTP when using ASP.NET session state.

 うんうん、わかるよ。それはそうでしょうね、利点だらけでしょう。Webサーバにセッション持つよりは、DBMS にもったほうが色々な点でメリットありますね。

This ASP.NET session state provider is fully optimized for In-Memory OLTP by calling natively compiled Transact-SQL stored procedures and by creating all tables as memory-optimized. The functionality of the provider was tested both internally and by external customers. The results showed the implementation was able to provide some significant gains at scale levels which would have previously exhibited a bottleneck on the database.

 今度、休みの日にでも試してみよう。