都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

RemoteApp をお試しするのをすっかり忘れていたので、お試ししてみた

RemoteApp をお試しするのをすっかり忘れていました。Preview 申し込んだのに、そのまま放置してました....なので、早速試してみたいと思います。

 アプリケーションサービス → REMOTEAPP → QUICK CREATE を選択し、NAME を入力し、CREATE REMOTEAPP SERVICE をクリックします。日本のリージョンはまだ選択できないようです。

f:id:koogucc11:20140622115537p:plain

 サービスの作成にはプレビューが原因なのか、プロビジョニングに 40 分程度かかります。気長にまってあげてください。

f:id:koogucc11:20140622115854p:plain

 赤枠の URL にアクセスします。

f:id:koogucc11:20140622123656p:plain 赤枠の Install Client をクリックします。

f:id:koogucc11:20140622123831p:plain

 青枠部分をクリックします。

f:id:koogucc11:20140622124017p:plain

 下図の画面が表示されますので、インストールをクリックします。( ClickOnce で配信するんですね。 )

f:id:koogucc11:20140622124140p:plain

 赤枠の Get Started をクリックします。

f:id:koogucc11:20140622124337p:plain

 LiveID を入力し、続行をクリックします。

f:id:koogucc11:20140622124437p:plain

 サインインします。

f:id:koogucc11:20140622124628p:plain

 メイン画面が表示されました。私のマシンにインストールされていない、Visio を起動してみましょう。

f:id:koogucc11:20140622125402p:plain

 Microsoft Azure の RemoteAppService に接続します。

f:id:koogucc11:20140622125537p:plain

 Visio が起動しました。

f:id:koogucc11:20140622125830p:plain

 Visio が動作しています。おお、Microsoft Azure 上で動作しているんですね。すばらしい。

f:id:koogucc11:20140622130058p:plain

 Microsoft Azure RemoteApp とは、リモート デスクトップ サービス経由でリモート アクセスされるプログラムを、ローカルのコンピューター上で実行されているかのように見せることができる技術なんですね。( はい、何も調べずにここまで手順を作成しましたwww)

 あと気になるのは、Publish というボタンが存在します。自前のアプリなんかも RemoteApp 化できるんでしょう。

f:id:koogucc11:20140622130729p:plain

 PUBLISH の内容に関しては、別の記事でトライしてみようかと思います。RemoteApp はローカルのプログラムから操作できたりするんですかね?色々興味が湧きますね!