都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

『 SQL Server 2014 releases April 1 』 とうとうリリースされるので、記事を書いてみた

 とうとう、SQL Server 2014 がリリースされますね。リリース日は2014年4月1日です。個人的には非常に楽しみなんですが、仕事のことを考えると微妙です。既に 2012 をベースに開発しているので....

 いくつか事例も掲載されていますね。3,000万人の患者情報を管理しているのか。In-Memory 機能を使って毎秒 34,700トランザクションで、今までより 7倍。すばらしい。

TPP, a clinical software provider, is managing more than 30 million patient records. With In-Memory OLTP, they were able to get their new solution up and running in half a day and their application is now seven times faster than before, peaking at about 34,700 transactions per second.

  ちょっと気になるので、Case Study を見てみました。2008R2 ベースのシステムなんですね。イギリスの総人口の半数にあたる、3,000 万人 の診療情報を管理しており、利用者は20万、同時利用者数は 72,000 人、超大規模システムですね。

Based on Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise software, SystmOne manages more than 30 million patient records, which equates to more than half the population of England. There are 200,000 active registered users from the National Health Service (NHS) on the system in the United Kingdom, with a peak concurrency of more than 72,000 users.

 高レスポンスな要求....

TPP also had to maintain or exceed the solution’s extremely fast response times. “SystmOne delivers patient records to doctors in 250 milliseconds on average,” says Grayson. “In the United Kingdom, where doctors typically only get five minutes with a patient, that sort of response time is critical. In the most extreme scenario, if a doctor can’t access the system fast enough, patients’ lives could be at stake. The speed of the system is essential.”

 どのようなテーブルに、In-Memory を適用したのでしょうか。気になるなぁ。ああ、早く 2014 にしてしまいたいです。