読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

Windows Azure WebSite と VisualStudio Online を連携させた開発環境を構築して、VisualStudio 2013 Ulitimate からソースをいじってみる

Windows Azure Visual Studio 2013 Visual Studio Online

 今回はお題がかなり長めになっていますが、やっていることは非常に簡単です。まずは、Azure で WebSite を作成してみましょう。下記のようにメニューを選択し、URL を入力後、Web サイトの作成をクリックします。

f:id:koogucc11:20131201210413p:plain

 次に、ソース管理からのデプロイ設定をクリックします。

f:id:koogucc11:20131201210722p:plain

 Visual Studio Online を選択し、→をクリックします。

f:id:koogucc11:20131201210903p:plain

 Visual Studio Online のアカウント名を指定し、今すぐ承認をクリックします。( Visual Studio Online のアカウントを作成していない場合は、『アカウントを今すぐ作成してください。』をクリックしてください。)

f:id:koogucc11:20131201211018p:plain

 Accept をクリックします。

f:id:koogucc11:20131201211343p:plain

 リポジトリを選択し、決定ボタンをクリックします。

f:id:koogucc11:20131201211501p:plain

 これで WebSite と Visual Studio が連携されました。

f:id:koogucc11:20131201211633p:plain

 VISUAL STUDIO をクリックします。

f:id:koogucc11:20131201212256p:plain

 許可をクリックします。

f:id:koogucc11:20131201212439p:plain

 Visual Studio 2013 を起動することができました。

f:id:koogucc11:20131201212947p:plain

 これで、Visual Studio Online と Windows Azure Web サイトが連携した開発環境の設定が完了しました。これからいろいろ遊べそうです。