都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

SQL Server 2014 CTP1 Range Index について

 前回の記事で少しだけ Range Index について触れましたが、CTP1 ではRange Index は未実装のようですね。ここに記載がありました。

Other Limitations

More on the not-supported list:

  1. DML triggers
  2. Data types
    1. XML
    2. CLR
    3. LOB
  3. Schema changes are not support in the same way as disk-based tables.
  4. There are no heaps in memory-optimized tables. (This is not a bad thing, just interesting. It makes sense though. A heap is just a bag of records in a particular spot. Records in memory have to have pointers for look-up.)
  5. Compression is not supported.
  6. Range indexes are expected to be available in CTP2.

 Range Index は CTP2 で利用可能と予想される。予想ですか......少し不安が残ります。CTP2 でこの辺りは完全に対応してほしいと願っています。一番最初の部分に記載してある文章も少し気になりますが...

SQL Server 2014 will be a 1.0 version of this feature, and the development focus was on mainstream OLTP processing. Think light-weight transactional records processed with stored procedures. Many of the outlier OLTP features are not yet supported. Some of these gaps may be addressed by RTM, but some are not even planned until a later version.

 ふぅ...メモリ最適化テーブルの実行プランが CTP2 で最適になるよう祈っています。下図のように....

f:id:koogucc11:20130922120141p:plain