読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

あれ?もう Visual Studio 2013 がリリースされるの?

 TechEd 2013 in New Orleans で Visual Studio 2013 が発表されました。え、もう 2013 がリリースされるんですか?最近、やっとで 2012 に変更したというのに......しかもリリースは 2013年後半ですか......本当に新しい技術がどんどん来ますね。最近は、1,2ヶ月で周辺環境が変わっているくらいに感じます。

 それはさておき、やはり新しい技術には興味があるので、早速内容を見てみましょう。

  • Agile portfolio management, which enables you to plan your agile projects “at scale” by showing the hierarchical relationship between work being done in multiple teams across your organization.
  • Cloud-based load testing, a new capability of Team Foundation Service that takes advantage of the elastic scalability of Windows Azure to generate traffic, simulating thousands of simultaneous virtual users so as to help you understand how your web applications and services operate under load.
  • Code information indicators that provide information about unit tests, work items, code references, and more, all directly within the code editor in Visual Studio, increasing developer productivity by enabling project-related contextual information to be viewed and consumed without leaving the editor.
  • A team room integrated into TFS, improving the collaboration amongst team members via a real-time and persistent chat room that integrates with data and interactions elsewhere in TFS.
  • Identity integrated into Visual Studio, such that the IDE is connected to backend services that support, for example, roaming the developer’s settings as the developer moves from installation to installation.
  • Support in TFS for integrated code comments that facilitate code reviews with increased transparency and traceability.
  • A .NET memory dump analyzer, which enables developers to easily explore .NET objects in a memory dump and to compare two memory dumps in pursuit of finding and fixing memory leaks.
  • Git support built into Visual Studio 2013, both on the client and on the server, including in the on-premises Team Foundation Server 2013.

 

  • アジャイル・ポートフォーリオ・マネージメントってなんでしょう?分からない用語が出現しました...組織全体の複数のチームで行われている作業間に階層関係を示すことによってあなたのプロジェクトを管理できる。
  • クラウドベースの負荷テスト、Web​​アプリケーションおよびサービスは、同時仮想ユーザー数千人をシミュレートできる。そのトラフィックを生成するには、Windows Azureのスケーラビリティを活用可能である。Team Foundation Serviceの新機能らしいです。
  • Code Information Indicatorってなんでしょう?テストとか、作業項目等を俯瞰することができるような機能でしょうか?
  • Team Roomってなんでしょう?リアルタイムチャットなどを取り入れることで、コラボレーション機能がアップしたようです。
  • Visual Studio の IDE 環境の設定情報がローミングできる?
  • トレーサビリティの向上、コードコメント機能などが向上した?
  • おお、メモリの中をチェックして修正箇所を見つける?これはすごいです。.NET 使いであれば誰もが欲しがる機能なのでは..... .NET Memory Dump Analyzer というツールのようです。
  • TFS 2013 は、Git Hub をサポートしたんですね。

けど、画面がないとイマイチ、ピンと来ないですね。あ、ここにも、Visual Studio 2013 のレポートがアップされています。Visual Studio 2013 およびTFS 2013 のスクリーンショット付きで分かりやすいです。