都内で働くSEの技術的なひとりごと

都内でサラリーマンやってます。マイクロソフト系(たまに、OSS系などマイクロソフト以外の技術も...)の技術的なことについて書いています。日々の仕事の中で、気になったことを技術要素関係なく気まぐれに選んでいるので記事内容は開発言語、インフラ等ばらばらです。なお、当ブログで発信、発言は私個人のものであり、所属する組織、企業、団体等とは何のかかわりもございません。ブログの内容もきちんと検証して使用してください。よろしくお願いします♪

SQL Server next version CTP 1.4 now available なので、少し内容をみてみる

 CTP 1.4 がリリースされていましたね。
blogs.technet.microsoft.com

 内容を見てみましょう。
https://msdn.microsoft.com/en-US/library/mt788653(SQL.130).aspx

 LinuxSQL Agent サービスとバグフィックスだけのようです。

  • SQL Server Database Engine
    • There are no new Database Engine features in this CTP.
    • This CTP contains bug fixes for the Database Engine.
    • For a detailed list of vNext CTP enhancements in previous CTP releases, see What's New in SQL Server vNext (Database Engine).
  • SQL Server R Services
    • There are no new R Services features in this CTP.
    • For more detailed R Services what's new information, including details from previous CTPs, see What's New in SQL Server R Services.
  • SQL Server Reporting Services (SSRS)
    • There are no new SSRS features in this CTP.
    • For more detailed SSRS what's new information, including details from previous releases, see What's new in Reporting Services.
  • SQL Server Analysis Services (SSAS)
    • There are no new SSAS features in this CTP.
    • For more details, including what's new for Analysis Services in the latest preview releases of SSDT and SSMS, see What's New in Analysis Services vNext.
  • SQL Server Integration Services (SSIS)
    • There are no new SSIS features in this CTP.
    • For more detailed SSIS what's new information, including details from previous CTPs, see What's New in Integration Services vNext.
  • Master Data Services (MDS)
    • There are no new Master Data Services features in this CTP.

 最近、肉好き。

ステーキ本 (別冊Lightning Vol. 163) (エイムック 3640 別冊Lightning vol. 163)

ステーキ本 (別冊Lightning Vol. 163) (エイムック 3640 別冊Lightning vol. 163)

時間をおくだけで、どんどんおいしくなる 熟成レシピ

時間をおくだけで、どんどんおいしくなる 熟成レシピ

 ここ行ってみたい。

格之進F

食べログ格之進F

de:code 2017 のスケジュールが決定していたので晒してみる

de:code (decode) 2017 | 日本マイクロソフトの開発者/アーキテクト/IT Pro 向けイベント - Microsoft Events & Seminars
f:id:koogucc11:20170308211709p:plain

 de:code 2017 のスケジュールです。今年はどんな内容になるんだろう。

 11/14 に発売?

Mastering Visual Studio 2017

Mastering Visual Studio 2017

 11/15 ?

Professional Visual Studio 2017

Professional Visual Studio 2017

ブログはじめて 4 年たったので、記念投稿してみる

 1,2,3,4年目は記念投稿していなかったので、5年目は記念投稿してみます。最初投稿はやっぱひどいですね。
ryuchan.hatenablog.com

さて、ブログなるものをはじめようとおもうのだが...

何を書いていいものやら....

とりあえずは、技術的なことの備忘録的に使ってみようか..

ひとりごとに使ってみようか...

 さて、どこまで続けられるのか....

継続は力なり―人生を本音で生きた女校長の記録

継続は力なり―人生を本音で生きた女校長の記録

あとで USE HINT の件は調査するので、メモしておいてみる

 ちょっと真面目に調査しなければいけないとふと思ったので、メモしておきます。
blogs.msdn.microsoft.com

New USE HINT query option – A new query option, OPTION(USE HINT(‘

 
 USE HINT に関してちゃんと調査するって書いてたのに。
ryuchan.hatenablog.com

クエリヒントが追加されています。開発者視点ていうと HINT 句 だけでいいのは敷居が下がった感じでいいですね。これはあとで試してみよう。

SQL Server 2016 SP1 がリリースされたので、ちょっとみてみる - 都内で働くSEの技術的なひとりごと

 sysadmin 権限が必要な QUERYTRACEON ではなく、USE HINT で指定できるようになったのは大きいですね。過去に QUERYTRACEON に触れています。
ryuchan.hatenablog.com

 USE HINT に指定できるものは、下記のクエリを実行することで知ることができます。

SELECt
    *
FROM 
    sys.dm_exec_valid_use_hints

f:id:koogucc11:20170219235539p:plain

 以上、メモでした。

新潟で食とお酒ちゃんと楽しみたいなぁ。

まっぷる 新潟 佐渡 '17 (まっぷるマガジン)

まっぷる 新潟 佐渡 '17 (まっぷるマガジン)

月刊新潟KOMACHI 3月号(新潟版)

月刊新潟KOMACHI 3月号(新潟版)

新潟本 (エイムック 3228)

新潟本 (エイムック 3228)

新潟酒本

新潟酒本

新潟酒場案内

新潟酒場案内

Visual Studio 2015 Enterprise をインストールしてるけど、ゴミみたいなプログラミングしかしておらず、最新の機能を勉強していなかったので、少しだけ勉強してみた

 VB.NET とか C# とかでアプリケーション作って、メモリーリークとかしてしまった場合、ProcDump して、WinDbg で !dumpheap -stat で、!dumpheap -type hogehoge.class で、!gcroot xxxxxx で調査するのが当たり前かと思っていたんですが、今時のやり方は違うんですね。

blogs.msdn.microsoft.com
 VS で Dump を開くと、こんなにわかりやすい表示が!
f:id:koogucc11:20170218213500p:plain

 しかも、差分比較も!
f:id:koogucc11:20170218213426p:plain

 進化についていけないのは、やはり生産性を著しく低下させますね。やはり最新技術はキャッチアップしないとダメだと思い知らされました.....しかし、Visual Studio の進化は凄まじい.....

アプリを作ろう!  Visual C++入門 Visual C++2015対応

アプリを作ろう! Visual C++入門 Visual C++2015対応

作って覚えるVisual C# 2015 デスクトップアプリ入門

作って覚えるVisual C# 2015 デスクトップアプリ入門

VisualC#2015パーフェクトマスター (Perfect Master)

VisualC#2015パーフェクトマスター (Perfect Master)